札幌の美容室です。頭皮の健康と髪の健康、体の健康を育むためにアドバイス。若返る情報を沢山載せていきます。

ヘアーと育毛

脱毛ハゲに効く食品【穀類、魚】

【代表的説明】
■ごま
髪の毛の主成分はタンパク質って知ってました?
特にメチオニンやシスチンなどの含硫アミノ酸が大事です。
ごまには含硫アミノ酸が多く含んでいます。

抜け毛の予防には、タンパク質 カルシウム 鉄 銅 亜鉛 ビタミンB1 ビタミンB2 
フケ防止には、ビタミンB2,カロチン,ビタミンCなどが大切です。

その中で、ビタミンC、カロチン以外の成分が全てごまには濃縮されています。
黒ごまは活性酸素をやっつける効果があり、髪を黒く丈夫にします。

食べ方は、そのまま食べるのではなく、すりつぶさないと体が消化できないまま出てしまい
意味がありません。

私も食べつづけた結果、毛が全体的にコシが出てきました。
今はゴマを細かくすりつぶす器具や元からつぶされて売っていますので、ご飯にかけたりすると
手軽に摂取できますよ。

■大豆
かなり有名ですが、確かに良く効きます。栄養素も高く、肉等を食べなくても体力を維持する事が出来ます。
別名畑のステーキって言われてますよね。

大豆の中に「イソフラボン」と言う成分が多く含まれているのですが、
この「イソフラボン」は女性ホルモンに似た働きをしてくれます。

沢山のタンパク質を含む為、髪の毛には有効なものです。。
「イソフラボン」の作用によって、高血圧や動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病の予防にもなります。
ごま同様毎日の摂取が大事です。

豆腐などをご飯代わりに摂取しても良いです。
(私は豆腐に納豆をかけて混ぜしそドレッシングをかけて毎日食べてました。これが結構おいしい。)

大豆と言ってもいろいろありますが、豆腐、納豆、味噌汁、豆乳他・・・これも偏らずに、
品によって髪に良い成分が違う為、バランス良くが大事です。味噌汁は減塩にしよう…

・豆腐
大豆に比べて炭水化物は減少するが、たんぱく質、脂肪、共に消化されやすい形になり、
その栄養素はほとんど無駄なく体内で役立ちます。

バランス良く栄養素が保たれているのに、カロリーは控えめ。
ダイエット食としてもありがたい食品ですね。

・納豆
独特の粘りには、「ナットキナーゼ」という酵素が含まれており、
血栓を溶かして血液をサラサラにする効果があります。

心筋梗塞、脳血栓、動脈硬化の予防に効果があり
ます。
コレステロールを減らすリノール酸や食物繊維、
高血圧を予防するカリウムや動脈硬化を予防するイソフラボンも豊富です。
特にビタミンB2は大豆の6倍の含有量です。

・味噌
大豆と同様に、コレステロール値を下げるリノール酸、サポニン、レシチンや
抗酸化作用を促進するビタミンE、イソフラボンや骨・歯を丈夫にするカルシウムなど栄養素も豊富です。
また、発酵の途中で新たなビタミン群も生成され、

レシチンやビタミンB1などの健脳作用もパワーアップしています。

・枝豆
栄養価も大豆と同じで、たんぱく質やビタミンB1、カルシウムが多く含まれる他、
大豆にはないビタミンCやAを多く含んでいるのも特徴です。

枝豆に含まれる栄養素は、私たちの生活で不足しがちな物ばかり・・・
進んで食べたい食品です。

■魚類
日本人は魚ですよね。魚の油は、動物油と違い体が吸収しずらく、重くもありません。
取り過ぎも良くないけどね。。。

・いわし
良質なタンパク質を多く含み、不飽和脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキ
サンエン酸)の含有量は魚の中でもトップクラス!

カルシウムも豊富でカルシウム吸収に効果的なビタミンDも多く含まれる為、
効率的にカルシウムが摂取できる食材としても注目されています。

コレステロールを減らすタウリン、血圧を下げるカリウム、脱毛を防ぐ亜鉛も多く含まれます。

・まぐろ
赤身にはタンパク質が豊富で鉄分が多め。
血合い部分にはタウリン、ビタミンE、鉄が多く含まれます。

トロは脂質が多く含まれ、動脈硬化を防ぐEPA(エイコサペンタエン酸)やビタミンA、D、Eが赤身よりも多
く含まれています。

・うなぎ
体の抵抗力を高めるビタミンAやビタミンAの吸収を高める脂質の他、ビタミンB1、B2、E、D、カルシウム
カリウム 鉄 亜鉛などもバランス良く、豊富に包まれた優れた食品です

血中のコレステロール値を抑制するEPAやDHAを多く含み、動脈硬化などの生活習慣病も予防します。

・昆布
栄養化の高い食品で、髪の毛を艶やかにするヨード、ビタミンA、B1、B2、カリウム、カルシウム、亜鉛
食物繊維等、多くの栄養素を含みます。

おまけにノンカロリーですからダイエット時代の現在は超健康食品として注目の的でもあります。

・ほたて
栄養素は、たんぱく質が際立って多く、タウリン、ビタミンB2、亜鉛が豊富。
抗ガン作用を備えた微量ミネラル、ゲルマニウムやセレニウムが含まれる他、

ホタテのグリコーゲンはガン細胞の増殖を抑制する事が知られています。
また、核酸の一種であるイノシン酸には細胞の再生を促進させ、成分の相乗作用で滋養強壮・老化予防に働きます。

・かつお
タンパク質は100g中25.8gとかなり多く、逆に脂質が少なめなため健康的な食材でもあります。
血液をサラサラにしてくれるEPA(エイコサペンタエン酸)を多く含んでいることでも有名です。
とくに血合いに栄養が集中し、コレステロールを減らし、肝機能を高めるタウリンが非常に多く含まれています。
その他、ビタミンB1、B2、B12、D、鉄、カリウム、ナイアシン等も豊富に含まれています。

・さば
ビタミンB2は魚の中では群を抜く豊富さです。ビタミンB2はアミノ酸や脂質、炭水化物の代謝に必要
な栄養素で、体の成長を促進する作用を持っています。

・わかめ
ミネラル カルシウム タンパク質 脂肪 カロチン 鉄分 ヨウ素 食物せんい ビタミンC ビタミ
ンB1・B2などたくさんの成分が含まれています。海藻が健康によいと言われるのは,コレステロール
を分解し、血行を良くすることが最も大きな理由のようです。

髪の毛の謎とハゲないための知識