札幌の美容室です。頭皮の健康と髪の健康、体の健康を育むためにアドバイス。若返る情報を沢山載せていきます。

育毛対策シャンプー

育毛対策的にシャンプーはとても重要なアイテムです。
ただしかなりの品質でなければシャンプーで髪の育毛は無理です。


今、ある一般の大手化粧品メーカーでの発想では絶対に無理でしょう。


頭皮環境が悪いと皮脂でベタベタするだけじゃなく
炎症や新陳代謝の悪化も起こる可能性があり
血行も悪くなることに繋がります。


育毛シャンプーってほんと数が多いですよね…


うんざりするほどに。


ほとんどがわけのわからないものが多すぎます。


最近はちょっとお高い製品もどんどん出てくるようになり
ますます何が良いのかわかりにくい状況になってます。


とりあえずよく叫ばれてるのが
アミノ酸系を使うと良いなどのことです。


確かにそれはそれで正解ともいえます。


ノンシリコンとか無添加といった
曖昧な表現のものよりは遥かにマシです。


(なぜ曖昧かというとシリコンが入っていなくても
悪質な洗浄剤や着色料などが使われてる場合があり、
無添加といってもごく一部の成分を配合してない
ということが考えられます)

でもアミノ酸系だからといって
これまたなんでもいいわけではありません。


そもそもここでいうアミノ酸というのは
いわゆる界面活性剤の種類のことを指します。


界面活性剤は水と油を混ぜることを可能にする成分で
それこそが洗浄剤となるのでシャンプーには必要なものです。


大衆向けの安いシャンプーはその界面活性剤の原料が
石油だったりアルコールだったりして質がとても悪いです。


ラウリルとかラウレスとかスルホン酸とか
~硫酸などとつくのがそれです。


アミノ酸系界面活性剤ってのはココイルとかと
名前がついたヤシの実などが原料になっているもので
洗浄力が強すぎず弱すぎず肌にも負担をかけません。


でも中にはアミノ酸そのものをただ添加しただけで
アミノ酸系と謳うものがあります。


あとアミノ酸界面活性剤を使っていても
石油系も一緒に配合してるものもあります。


だから選ぶべき本当にいいシャンプー
そんな小細工を一切しておらず
髪と頭皮の健康を徹底したものが望ましいんです。


ちなみにスカルプDはちょっと微妙ですね。


あれもアミノ酸系の1つではあるのですが、
よくわからない添加物がちょっと多めに含まれてて
界面活性剤がなぜか複数配合されていて
洗浄力がかえって強くなってしまってます。


そういう知名度だけが売りのものじゃなく
しっかり「育毛」のことを意識した
まほうの手髪切虫開発
(TEH・シャンポゥ)の方が何百倍もいいと思います。



余計な添加物は0であることはもちろん
界面活性剤は3種類のアミノ酸とシコン、各種ミネラル、フラーレン、コラーゲン
なんと言ってもシャンプーでは、ほとんど配合されていない
プラセンターを配合しています。
肌への負担が少ないうえ余分な汚れをしっかり洗い流せる
とても優秀で高価な成分が使われています。


それに他のシャンプーには含まれていない
浸透性が高い特殊なシコン、ヘマチンが配合されており、
血流を促進したり男性ホルモンを抑制する効能があります。


そして育毛剤の浸透を助ける
シャンプーの中に世界最大の遠赤を出す。
トルマリンセラミックボールが入っています。
遠赤によりクラスターが小さくなり浸透を助けます。



開発者の私が言うのもなんですが。
ここまでやってる製品はまるで見たことがないです。

画像の説明


それほどシャンポゥの本気度は他とは違うってことです。


一般的には洗髪したあと育毛剤をつけましょう
くらいのことしか言われませんが、
それだけでは実は不十分なんです。


もっと知りたい方はは会員サイトにお越しくださいね、