札幌の美容室です。頭皮の健康と髪の健康、体の健康を育むためにアドバイス。若返る情報を沢山載せていきます。

ヘアーと育毛

正しいリんストリートメント


リンスですが、基本的には使わないほうがいいです。必ずトリートメントを使います。


シャンプーによるアルカリ化した頭皮を酸性する能力があります。


リンスには髪を修復する能力はありません、トリートメントは髪を改善し痛んだところを修復するものです。
リンスが予防薬の働きで、トリートメントは薬の働きなのです。
リンスですむ方は、完全なる健康毛の方のみです。
ヘアーダイ、パーマをかけている方に完全な健康毛のかたは絶対にいません。


そのため必ずトリートメントをリンス代わりに髪を洗ったら毎回使います。毎回ですから【大切】


トリートメント後はよく頭をすすぎ、最後に冷たい水で清める事が大事です。


一気に頭を冷却すると血が頭にのぼり血行が良くなります。【風邪を引かない程度に】


●髪に良い手作りリンス【豆知識】雑学程度と思ってください



・緑茶リンス
もともとお茶には殺菌成分があり、頭皮の菌を殺菌してくれます。皮脂分泌成分も抑える効果もあります。
使用方法は、シャンプー後すすぎ、最後に良く冷えた緑茶を頭にかけます。
(洗い流す必要はありません)


その後はいつも通り、オイルや育毛剤などでマッサージする。
緑茶は粉上の物をお湯で溶かして使うタイプか、麦茶パックのようなものが経済的です。


・烏龍茶リンス


方法は緑茶と同じです。烏龍茶はもともと脂肪分解効果があるので、余分な皮脂を分解し自然な状態を保ち
ます。


他 、麦茶でも有効です。
脂肪分解効果はありませんが、殺菌効果があります。


・塩リンス
シャンプーのリンス版で使用方法は同じ、酸性のシャンプーと塩のアルカリ性で中和作用があります。
量は少量で構いませんので、入れすぎ注意。


・オリーブ、ホホバリンス


洗髪後のリンスとして、オリーブ、ホホバを使うのも効果的です。頭のコーティングを行ってくれ、
頭から余分な脂質が補充されずに済むので、安定した状態を保ちます。


使用方法ですが、洗面器にお湯を入れてオイルを2.3適程度入れた後、それを刷り込むようにマッサージ。
その後お湯ですすぐ。


以上いろいろ書きましたが、自己暗示も必要です。鏡を見てまた抜けたでは無く、濃くなってきていると思う事
も大事です。
ストレスを溜めないよう適度に発散していきましょう。
きっと髪は生えてきます。頭皮マッサージは一日中、癖のように行なう。

髪の毛の謎とハゲないための知識