札幌の美容室です。頭皮の健康と髪の健康、体の健康を育むためにアドバイス。若返る情報を沢山載せていきます。

画像の説明

径皮毒て何だ?


  • 非常に多くの方が体の中に、何の意識もなく毎日化学物質を取り込んでいます。

  • 経皮吸収は、皮膚から化学物質が浸透し、吸収されることですが、この経路は一般的知られていません。

  • 経口吸収(消化管吸収)や吸入に比べ社会的認知度の低い吸収経路です。

  • 経皮吸収された化学物質は、人の身体から排泄されにくいことが知られています。

  • 浸入した脂溶性の高い化学物質は、皮下脂肪に留まり少しずつ血液やリンパ液に移動し、体の中の各臓器に分布していきます。


  • 日用品を使い始めて10年、20年経って、何か健康を害するようなことが起きていませんか?

  • もしかしたら・・・それは、毎日使っているシャンプー・リンス・歯磨き粉などの日用品に含まれる化学物質が、原因かもしれません!

  • 本来、私たちは自然治癒力を持っています。
  • からだの中で何か異常が起きても、自分で治していく力があるのではないでしょうか?!

  • しかし、毎日何種類もの化学物質を体の中に取り込むため、その治癒力もいつしか追いついて行けず

  • 小さな異常が大きな病気になるのかもしれません。
    少しでも有害な物を体の中に入れないように、
    私たちはたくさんの方に経皮毒を知っていただきたいと活動しています。

そして地球環境や未来の子ども達のために私たちが取り組むことを共に考えていきませんか・・・

界面活性剤の作用

[check]シャンプー
[check]リンス
[check]トリートメント
[check]ホディーソプ
[check]歯磨き粉
[check]化粧品
[check]入浴剤

シャンプー


シャンプー合成界面活性剤の20~40%の水溶液でできています。


洗髪回数の多い人は、加齢にともない薄毛になりやすい!?
市販のシャンプーはほとんど全てが石油系合成活性剤を多く含んでいます。


脂肪分解も非常に強いので髪の脱毛、ハリ、コシがなくなります

[check]アトピーの悪化
[check]アトピーの発生
[check]脂漏性皮膚炎
[check]皮膚炎
[check]などの大きな原因になります。

環境ホルモンにも大きく影響しますので

シャンプーと子宮をもう一度読んでみてください


リンス


合成ポリマーや合成界面活性剤が乱用されている。

これらは頭皮や髪に付着し覆って、頭髪・頭皮の状態を悪化!?



シャンプーよりも活性剤が多く含まれています。
性質上あまりながすと髪に効果がなくなりますので、あまりゆすぎません。



頭皮についたリンスは合成活性剤を大量に含み頭皮に残留します。
毛穴より体内へ侵入します。


シャンプーより怖いのがリンスです。男性の脱毛の原因もリンスが大きく影響しています。


★★リンスは毛頭い過去のものと考え使わないのが賢明だと思います。


[check]当店ではリンスというものはありませんし売ってもいません。
当然お勧めすることも一生ないでしょうね(笑)

トリートメント

市販のトリートメントはほとんどリンスに毛が生えたような効果しかございません。


リンスのことはもう忘れて美容室でトリートメントを買いましょうね(笑)


  • トリートメントは基本的には頭皮につけず髪につけるものです。
    ゆすぎもたっぷりできるので、正しい使い方をしていれば頭皮には問題はないと思います。


  • 頭皮にもつけるスキャルプタイプトリートメントもあります。
    頭皮にしっかりつけてマッサージをして頭皮からしっかりゆすいでもらえれば問題はありません。

ボディーソープ

[check]お約束通り市販のものはやめてくださいね

  • 限りなく石油系の活性剤が多いです。石鹸系のほうが安全ですが、
    アルカリである石鹸を弱酸性にしています。
    むりくりに!
    やはり弱酸性だと刺激がない様に思わせるためだと思います。


  • アルカリを酸性にするペーハー調整剤はどの程度の毒性があるかは測りきれません。

  • やはりシャンプーと同じ様に石油系の活性剤を含まないものがありますので、必ず探し出してお使いください

石油系のソープで洗うと
[check]皮膚の老化
[check]アトピーの促進
[check]皮膚の乾燥
[check]しわのシミの原因
[check]女性の性器から環境ホルモンが侵入
[check]性器がしみて痛い
[check]不妊症の原因
[check]奇形児の発成率が高くなる


実際美容師は不妊症の女性が非常に多いです。
爪の間や皮膚から洗剤やパーマ液など常に径皮吸収されるからです。

私も恥ずかしながらスポーツジムのソープを使いあそこから洗剤が入りしばらく痛くて泣きそうになった経験があります。
やはりマイソープを持っていくびきでした。
本当に痛かった。です。


歯磨き粉

発泡剤として界面活性剤が使用されています。



お口の中は粘膜なので、吸収されやすいために、血液にはいりやすく危険がいっぱいです。

日本の市販歯磨き粉の活性剤はラウレス硫酸ナトリュウムを使っています。
当然猛毒です。



[check]日本のメーカですが製造元はほとんど中国製です。安心はできませんね!

[check]舌の味覚神経も一時的に麻痺させる力があるぐらいです。
善玉菌も悪玉菌もすべて殺してしまいます。


ラウレス3-ラウレス酢酸塩ナトリュウムを使えば健康に問題のない製品ができるのですが。
残念なことに日本の市販されている歯磨きをにはありませんでした。

''しかし日本製で市販されていませんが安全な
ラウレス3-酢酸塩を使ってる歯磨き粉もありますので安心です。''


化粧品

化粧水

香料や油や薬品を溶かしこむ作用
全ての成分が経皮吸収されてしまう?
アルコールが入っているものが多いので気を付けてください

乳液

  • 石油系と水を混ぜた乳化剤です。
    どんないい成分が入っていても意味のない製品です。

  • リンスと同様になくてもいい製品ですが。
    化粧水と乳液は2つで1つみたいな風潮があるみたいです。

  • 化粧水とそのあとは美容液を使いましょう
    乳液は買わないようにしましょうね。
    無駄な買い物になります。

洗顔クリーム【フォーム】


  • 乳化作用乳液と同じです。油と活性剤と水を混ぜて作ります。
    クリーム状はさらに経皮吸収を増強しますので危険です。

コスメ類


  • 粉末などを均一に分散させる作用着色料も配合されています。
    タール色素は発がん物質!

  • 香料、色もの口紅など口紅は一概に天然素材がいいとは言えません。
  • 天然成分にはアレルギーを引き起こす成分もたくさんあるからです。
    [check]たとへばなどそうですね!


入浴剤


  • 油剤などを乳化・可溶化作用
    湯船につかる為、経皮吸収の範囲が広く、皮膚温度も高くなるので、経皮吸収を促進します。
  • 温度で成分反応が活発になることもたくさんあります。
    お風呂のシャワーなどそうです。


    [check]塩素
    [check]トリハロメタン
    [check]MX


  • などの毒性が何倍にも強くなり径皮毒をかなりの濃度で経皮吸収、します。

シャワーヘッドと脱毛の関係 の関係で復習してください


全身毒だらけ


  • 上の絵のように体に使用しているものすべての製品に
    [check]科学物質
    [check]石油系合成活性剤
    が含まれています。


  • 今の現代人は食の安全もなく毒まみれです。
    体に使う製品にもたくさんの毒性を含んでいます。

どうにか一人一人が正しい知識と認識を持ってこの問題を解決していかないと、未来の子供たち、地球環境を本当に考えなければいけないと思います。

経皮毒とシャンプー


  • 経皮毒についての文献などよく読みます。
    必ずといっていいほどシャンプーについて書かれています。


なぜか?

シャンプーは他の日常品に比べ多くの経皮毒性の有害化学物質を多く含んでいることがはっきりと解っているからです。

  • 頭の汚れを落すために

[check]ラウリル硫酸ナトリユウム

[check]ラウリルエーテル硫酸塩


  • などが当たり前に使われています。
  • これらは全て合成界面活性剤です。
  • これらの成分によって、頭皮の皮膚が破壊され
    有害化学成分が頭皮より吸収されます。


  • シャンプーはほとんど毎日されるため、持続性のある経皮毒、経皮毒吸収が行われます。

  • 皮膚科の一部の先生が短時間しか頭皮についていないのでほとんど影響がない!
    という医者もいらっしゃいますが

    大きな間違いです。

  • 短時間であろうと長時間であろうと頭皮や肌についた時点で吸収が始まります。

  • 毎日のことなので蓄積効果でどんどん有害物質をため込んでいづれ病気という形にで現れるでしょう

  • もちろん科学物質をまったく使っていないシャンプーは問題ありません!

  • しかし市販品にはほぼ100%化学物質の入っていないものはほぼないと言って過言ではないと思います。

  • 合成界面活性剤毒性化学物質を混ぜ合わせたのがシャンプーです。
  • 今!
    シャンプーによる経皮毒の影響は若い女性や、子供たちなどに大きな影響を与えます。

[check]子宮筋腫
[check]子宮内膜症

  • 最近特に増えているのは、シャンプーやリンス、ボディーソープなどの影響が、大きくかかわってることは、専門の間では、当たり前になってます。

  • 重複した記事になっているところもありますが。とても大切なことなので、復習もかね、読んでくださいね!

  • シャンプーなどの経皮毒からカラダを守る手段はちゃんとあります。

★少しずつ対策については更新していきますのでお待ちください