札幌の美容室です。頭皮の健康と髪の健康、体の健康を育むためにアドバイス。若返る情報を沢山載せていきます。

ヘアーと育毛

絶対に禿げたくなければ読んだほうがいい
禿げないことは精神的にもいいですし、当然若返ります。
女性はボリュームが出ることによりやはり質感がしっかりし、デザイン性のあるスタイルができます。


ちょっとしたことで髪というのは人を若返らせます。
[check]ハゲ救出ページ

正しいシャンプーの選び方



シャンプーについては難しく、種類も本当に様々です。


それに、人によってまちまちですので効く人、効かない人、合わない人など
一概に指定は出来ません。が、人によっては薬が強いメリットでも合う人は合います。


ただいまのシャンプーの原材料で一番いいのは紛れもなくアミノ酸系の100パーセントのものです。それも絶対に天然由来のものを使います。


[check]これは絶対事項です。天然100パーセントアミノ酸です。


そんなものあるのか?と聞かれたら!
あります。



しかもシャンプーの効果はすぐ出ません。早くても3ヶ月から6ヶ月位かかります。


結局、ある程度使ってみて、かゆいなどの刺激が無いシャンプーを選べば問題ないように思いますが、
シャンプーもいろいろ成分が違いますので自分の状態を見て購入しましょう。


シャンプーの目安としては今現在でしたら3500円円位~が目安で、1500円以下は石油系シャンプーを素材にしているのが多い様です。


あくまでも目安ですが、3500円以上はアミノ酸系弱酸性や天然成分(無添加)の髪への刺激が少ない様に作られています。

種類は、乾燥肌用、脂漏肌用などがありますので、自分の状態により使い分けが必要です。


一般に男性用が脂漏肌用で、女性用が乾燥肌用が多いです。
代表的なのが、レラ・PURE95・ミノンは人気が高く(値段もいい値がする)相性問題も出にくいと評判です。


アミノ酸系弱酸性は頭皮には優しいのですが、使い過ぎると逆に皮脂を溜める原因になるといわれてますが。


ゆすぎをしっかりすることにより大丈夫です。

取っても減らない皮脂



体の仕組みは「取れば減る」というような単純なものではなく、取れば補充する機能が働きます。


減るのが激しくなれば分泌の量を増やす機能が働きます。


皮脂も同じで取れば補充されるし、いつも取り過ぎていると皮脂腺が肥大化し、
その結果大量に皮脂を分泌するようになります。


皮脂の取り過ぎは「抜け毛が少なくなり、頭皮は綺麗になる」ですが、頭皮と毛は弱っていきます。


(これはシャンプーやリンス・トリートメント・整髪料等に含まれる界面活性剤の影響です。

 界面活性剤には毒性や催奇性があり、ほとんどの商品に含まれていますが、自然派とか
 指定成分カット等で隠していることが多いので注意しましょう)

髪切虫ではお客様にこうアドバイスしています。



必ず最低でも美容室で買う市販シャンプーは絶対に買わない


必ず毛髪診断をしてもらってから選んでもらう
髪に合ったものをつかう


石油系の合成シャンプーは絶対に使わない【市販シャンプーはほとんどが石油系です。】市販のシャンプーで犬を洗うと必ずアレルギーを起こし一生治らない場合もあります。【毒性が半端ではありません】


高級化粧品メーカーのシャンプーも信用してはいけない。市販のものとほとんど変わりません。

シャンプーを付ける前は髪を濡らしますが、よーくシャワーで洗う様に濡らして下さい。


濡らしたつもりでも表面しか濡れてない事が多く、特に頭皮の油で水は弾きやすいです。


実はシャンプー前のシャワーで頭皮の汚れは約80%落ちます。


これにより、余分なシャンプーによって頭皮を痛めるのを防ぐ、泡立ちもよくなり、細かい汚れも泡と共に
洗い流してくれる等の利点があります。


よく髪を濡らした後はシャンプーを手に取り、良く泡立てます。


泡立でた泡を髪につける時は、必ず後頭部につけ全体的に広げていく感じにします。


後頭部からつける理由として、シャンプーの刺激をワンクッション置く為です。
後頭部はハゲにくい所ですから。


その後全体になじませたら、毛の根元や地肌まで指を入れて頭皮を洗う感じで行ういましょう。

同時にマッサージすると良いです。
洗髪すると髪が抜け、さっさと終わらせたい所ですが、毛根をいたわる気持ちでやさしく行うのでは無く、
逆に毛根を鍛える気持ちで行いましょう。爪は絶対に立てないように。。(爪は頭皮を傷つけます。)


鍛える事で抜けにくい頭皮になっていきます。時間は2分ほどが良いと思います。


頭皮を頭から浮かすように力をしっかり淹れながらマッサージする
かなり効果があります。
頭皮を柔らかくすることが毛の生える頭皮環境を作ることができます。


とにかく揉んでください!


その後のすすぎですが、すすぎも大事です。おろそかにするとシャンプーの残りカスが汚
れの原因にもなります。すすぎ時間は、泡が完全になくなってからの2倍ほどのゆすぎが理想です。


ゆすぎが多いことはすべていいです。

お勧めシャンプー等【参考のため】



ここはあくまで参考です。

いま一番お勧めは髪切虫で開発したオリジナルシャンプーが正直一番でしょう

●レラ
アミノ酸系弱酸性の代名詞です。脂性用(01)、乾燥用(81)に分かれていて髪へのいたわりを感じます
使った感じはさっぱりしていてよい感じですが、値段が5000円位と高いので金銭的に使用を断念
しました。


●ミノン
敏感肌用に作られた、無添加シャンプーです。料金は2000円位。アトピーの方や敏感肌にも使えます。


●PURE95
無添加・無香料・無着色で、エデト酸塩、安息香酸塩を一切使っておらず、無添加にこだわった
シャンプーです。成分が18種類の薬草が主成分でそのまま顔も洗える無添加ブリがすごいです。
使用感はなぜかふんわり間で使った後、髪がボリュームアップします。料金は3000円位です


●オレンジシャンプー
割と人気がある。シャンプーの匂いもよい。成分も天然アミノ酸とオレンジ&ホホバオイルをベース
に育毛に実績のあるチョウジ、センブリ、アロエ、アルニカ等11種類の天然植物抽出エキスが
入っている為、育毛効果と洗浄効果をもった万能シャンプーです。値段は5000円位とやや高め。

●石鹸シャンプー
一時流行った無添加シャンプーですが、洗浄力が強く、頭皮のバランスを崩す原因にもなります。
使用後はゴワツキがひどく、それを整える為のリンスが頭皮に良くないとの説もあります。
しかし洗浄力が魅力で、2週間に一回程度の使用がお勧めです。
石鹸膜が残ります。悪い成分ではないのですが、今の時代には少し古い素材かもしれません


●脱シャンプー
人によっては最も有効なシャンプー法です。方法はシャンプーを週2ぐらいに抑え、
お湯のみで洗うのです。シャンプーで洗浄しない分余計な皮脂が出なくなり、自然な状態に保つ方法です。


●塩シャンプー


かなりいまではレトロなので参考のために記載します。
シャンプーを行うのであれば、半分位は一緒に取り入れたい塩シャンプー


作り方は簡単お湯に塩を混ぜて出来上がり!!
塩の結晶が残っていると、頭皮を傷つける原因になるので良く溶かしてください。


濃度は、少量でいいでしょう。塩は洗浄力もありますが、脱水作用もあるので大量使用は頭皮の
水分を吸収してしまいます。
また塩はアルカリ性の為、多少の使用でしたら殺菌効果がありますが、大量に使用すると頭皮自体を破壊
する原因になります。


効果は髪を引き締めコシを出す、ふけ、かゆみ防止、毛根自己機能を活発にしてくれます。



●コンビニ等で売っている市販シャンプー(石油系シャンプー)
300~500円程度で売られているシャンプーですが、基本的には使用しない方が良いです。


というか絶対に買わないことです。絶対に禿げるし、経皮吸収毒なのでいろいろなアトピー、皮膚炎、病気などを必ず引き起こします。


これは間違いなく本当のことなのでぜひ、使わないようお願いします。
[check]ほとんどママレモンです。


基本的に石油系とは、猛毒です、非常に危険が伴います。アトピー、皮膚炎、シミ、そばかす、などたくさんの異常病例があります。


その中でもまだましなシャンプーは下記のなどがあります。

市販のシャンプーでまだまともなもの



まともと言っても使ってはいけません、ちょっとだけましかなって感じです。


決して買ってはいけません。


・ダブ        
アトピーの人に評判が良いが?
プロの私も使いましたがどうでしょうお薦めは出来ません


・牛乳石鹸      
植物性のシャンプーと言われてますが石油系のシャンプーです。


・炭シャンプー    
炭の殺菌成分が売りだが、市販物はたいした成分は無い。入ってないよりは
マシだが・・・

・サクセス
育毛用に作られていて値段も安い。市販物では一番良いかもしれません。
どちらかというと石鹸です。