札幌の美容室です。頭皮の健康と髪の健康、体の健康を育むためにアドバイス。若返る情報を沢山載せていきます。

FrontPage

アルマダスタイルM3.3のお問い合わせはこちらから


リンスとトリートメントの違い





皆さんはリンスとトリートメントの違いを知っていますか?


[check]なんとなく漠然としてわかっていない部分が多いのでは!


少しプロとしての説明を少しだけしますね。

  • リンスには髪を修復する能力はありません、トリートメントは髪を改善し痛んだところを修復するものです。

  • リンスが予防薬の働きとシャンプーで落としすぎた油脂分を補います。ただし髪のダメージを治すことは一切できません。
  • トリートメント薬の働きなのです
    メーカーの考え市販品か美容室で扱っているプロ用の販売商品かによって、目的、効果、効用などはそれぞれ違いますが。

トリートメントとはダメージを負った所を修復するものです。


今現在髪が傷んでいない方はまずいません。

今の環境の中で生きてるだけで髪も肌も傷みます。
当然
リンスで良い方は、完全なる健康毛の方のみ

  • しかしダメージのない方はいませんのでリンスは現代においてはほとんど役に立ちません。

なぜリンスがあるのかというと!
わかりますか?


  • メーカーではお客様のあらゆる年齢層、経済状態に合わせて選んでもらう商品の種類をたくさん持っていたいからです。
    ''

[check]美容室ではほとんどリンスは販売''はしていません。
メーカーで''もリンスを製造していないところがほとんどです。


  • それと男性、子どもぐらいでしたらシャンプーの欠点を補うために使うのであれば、多少問題はないと思いますが。できればリンスは使わないほうが、賢明でしょう!

  • なぜならシャンプーの機能がかなり良ければ
    男性、子どもはリンスもトリートメントもあまり必要がありません。

  • ヘアーダイ、パーマ、セミロング以上の長い方に完全な健康毛の人は絶対にいません。どんなに見た目が良くても傷んでいるのです。

  • 化学薬品で色やウエーブが出るのですから
    当然ですよね、!

  • 素人でもお分かりになると思います。

  • そのため必ずシャンプーの後はトリートメントが絶対に不可欠です。

  • リンスのつもりでトリートメントを髪を洗ったのち毎回使います。
    よくシャンプー何回御気にトリートメントをしたらいいのですかと聞かれることがありますが。


    答えは?

毎回です。



シャンプーをしたら必ずトリートメントです。これは絶対に守ってくださいね。
一番初歩的な髪のお手入れですので必ずしてくださいね。

  • 髪を洗髪するたびにです。毎回ですから【大切】覚えていてくださいね

  • リンスですが、基本的には使わないほうがいいです。必ずトリートメントを使います。


    トリートメントの選び方はここをクリックしてください

リンスはなぜ必要だったのか?過去形です。



  • 昔のシャンプー石鹸系のシャンプーが多くほとんどがアルカリ性でした。
    そのため髪はアルカリに傾きます。そうなると頭皮にはあまり悪影響が起きませんが。

髪に対してはよくはありません。

きしむ
[check]艶が白っぽくなる
[check]絡むので髪が傷む
[check]スカム(水道水のカルシュウムと科学変化を起こしカルシュウム石鹸にになり髪に付着しなかなかとれなくなってしまいます。

  • 髪の健康なPHは5.4~6.2ぐらいがよいとされています。

  • アルカリの石鹸はPHが8から10ぐらいまであり結構高アルカリになるため酸性の酸リンスを使う習慣が昔遠い昔から続いています。

しかしアルカリのシャンプーに酸性の酸リンスをつけても一時的には酸性になりますがだんだんアルカリに傾いていくという性質があります。

  • そのためバッファー作用(アルカリに戻らない作用)のあるリンスが望ましいのですが、今現在は市販品には見当たらないと思います。


  • まして傷んだ髪にはほとんど州副作用がなく一時しか効果がわからないと思います。

なぜリンスがまだ売られているのか


  • リンスは、化粧品でいう乳液の分類に当たると私は思っています。
    乳液は、油と水を混ぜ皮膚を保湿させる働きがあります。
  • しかし油と水をまあぜるためにはどうしても活性剤が必要になります。

  • 市販の製品には石油からできた石油系の科学合成活性剤
    (かなりの有害物質)を混ぜつために必要です。


  • リンスも同じです。


    髪の毛方とりすぎた油を補給するためのリンスなので当然石油系の化学合成活性剤を使用しているのがいまだにつずいています。


  • リンスは、洗剤であるシャンプーより毒性が強いことがわかっていますので、使用することは禁止したほうが良いと思います。
  • リンスはすでに今の時代には必要のない製品です。
    当然乳液もなくても良い製品ですが。



メーカーも商売です。
品数を多くしておいたほうが、儲けにつながるので、いまだに知識があまりない方に対し販売を続けています。


値段も安いですしね、!
でもリンスでは効果はほとんどありませんので、覚えておいてくださいね。

リンスとは

  • シャンプーによるアルカリ化した頭皮、毛髪をを酸性にし表面上は髪を守るものとされていますが。



髪切虫では絶対におやめになってもらっています。
≪安物買いの銭失い≫的な商品です。
最低でもトリートメントをしてください。

トリートメントとは

トリートメントは簡単に言うと髪と頭皮を良くするもの
痛みを治す専用の薬のようなものです。


  • リンスはとりすぎた油の補給アルカリに傾いた髪を賛成に戻す
    でしたね!
    なお
  • 一部のトリートメントには今はやりのデトックスの働きがあるものも存在しています。

  • 今デトックス作用のあると宣伝してい市販品もありますが。
    知識のある美容師から見ますと!
  • どんなもんでしょうとちょっと頭を傾げてしまうようなものが多いかも!
    市販メーカーに怒られそうです(*`<´)・:∴
    トリートメントの選び方を間違えると大変です。

  • もしできるのならトリートメント後はよく頭をすすぎ、最後に冷たい水で清める事が大事です。
    一気に頭を冷却すると血が頭にのぼり血行が良くなります。【風邪を引かない程度に】


昔から良いとされている不思議なトリートメント

●髪に良い手作りリンス【豆知識】雑学程度と思ってください
使用するかはご覧の方の自由ですが効果効能については補償はできませんのであしからず。

・緑茶リンス

  • もともとお茶には殺菌成分(カテキン)があり、頭皮の菌を殺菌してくれます。皮脂分泌成分も抑える効果もあります。
    使用方法は、シャンプー後すすぎ、最後に良く冷えた緑茶を頭にかけます。
    (洗い流す必要はありません)
    その後はいつも通り、オイルや育毛剤などでマッサージする。
    緑茶は粉上の物をお湯で溶かして使うタイプか、麦茶パックのようなものが経済的です。

・烏龍茶リンス

  • 方法は緑茶と同じです。烏龍茶はもともと脂肪分解効果があるので、余分な皮脂を分解し自然な状態を保ち
    ます。

他 、麦茶でも有効です。
脂肪分解効果はありませんが、殺菌効果があります。

・塩リンス

  • シャンプーのリンス版で使用方法は同じ、酸性のシャンプーと塩のアルカリ性で中和作用があります。
    量は少量で構いませんので、入れすぎ注意。

・オリーブ、ホホバリンス、ツバキオイル、スクワランオイル

  • 洗髪後のリンス・トリートメントとして、オリーブ、ホホバ、ツバキ、スクワラン≪サメの油≫「を使うのも効果的です。頭のコーティングを行ってくれ、
    頭から余分な脂質が補充されずに済むので、安定した状態を保ちます。


  • 使用方法ですが、洗面器にお湯を入れてオイルを2.3適程度入れた後、それを刷り込むようにマッサージ。
    その後お湯ですすぐ。

天然水のトリートメントのすごさ

今、どんな点か化合物でも作れない素晴らしいトリートメントがあります。

それは?
水です。そうです水です。

水で髪も皮膚も簡単によくなります。
髪切虫でわ?

アルマダスタイルM3.3
I.B.Eπミクロウォーター
VAN エッセンスV

をお薦めします。

水を変えると本当に体も髪も皮膚も若がります

アルマダスタイルM3.3のお問い合わせはこちらからお願いします。⇒
>[[アルマダスタイルM3.3のお問い合わせはこちらから]]