札幌の美容室です。頭皮の健康と髪の健康、体の健康を育むためにアドバイス。若返る情報を沢山載せていきます。

FrontPage

健康な親子

合成活性剤と子宮の関係


[check]シャンプー
[check]ボディーソープ
[check]リンス
[check]トリートメント
[check]洗濯洗剤

  • ほとんどのものに石油系合成界面活性剤が含まれています。それもシャンプーやリンスには台所洗剤より多くの化学物質を含んでいるそうです。

合成洗剤による毎日のシャンプーはだめ ?

  • 毎日のシャンプーが、頭皮の毛穴より毛細血管を経由して子宮に蓄積され、子宮内膜症などの一因になっています。

毎日のシャンプーには問題はありません。
問題はシャンプーの種類です。

石油系のシャンプーを使い続けると

[check]子宮がん
[check]卵巣がん
[check]子宮びらん
[check]不妊症
[check]奇形児の高発生率

  • ストレスや、乾燥が、原因で、フケやかゆみ抜け毛、脱毛は、実はシャンプーが原因の場合が多いともいわれています。
  • 髪を健やかにすると思ってるリンス実はシャンプーより化学物質が多く活性効力が強いのです。
  • 使用感をはっきり出したいため、陽イオン系の界面活性剤を使っています。、シャンプーの界面活性剤より毒性が強力なのにゆすぎがあまりできません
  • リンスの香り、きれいな色、全て化学物質です。匂いを残すためすすぎをまりしない人がいます。

    非常に危険ですし市販の香りは品がないので、すぐわかります。

  • 脱毛、髪の毛が細くなります。基本的にはリンスは使うべきではありませんし、存在しなくても良い製品と言われています。
  • 特に男性は脱毛の大きな原因になるので良質なシャンプーを使いリンスなどはまったくしないほうが賢明です。
  • よくゆすぐと効果なし!ゆすがなければ、!毒性が増す。そんな商品は存在するべきでないと思ってます。
  • 髪切虫にはオープン時よりリンスは販売していません。
  • どこかのページにも書きましたが、入浴時は、温度が上がってるので、普段の10倍もの
    毒性が吸収されます

リラックスタイムの入浴中が一番危険とも言われています

せっかくのリラックスタイムが

体に大きなダメージを与えているなんてすごいショックですね

経皮毒とシャンプー

経皮毒についての文献などよく読みます。必ずといっていいほどシャンプーについて書かれています。

なぜか?

シャンプーは他の日常品に比べ多くの経皮毒性の有害化学物質を多く含んでいることがはっきりと解っているからです。

★頭の汚れを落すために

[check]ラウリル硫酸ナトリユウム

[check]ラウリルエーテル硫酸塩

などが当たり前に使われています。

  • これらは全て合成界面活性剤です。これらの成分によって、頭皮の皮膚が破壊され有害化学成分が頭皮より吸収されます。
  • シャンプーはほとんど毎日されるため、持続性のある経皮毒、経皮毒吸収が行われます。
  • もちろん科学物質をまったく使っていないシャンプーは問題ありません!
  • しかし市販品にはほぼ100%化学物質の入っていないものはほぼないと言って過言ではないと思います。
  • 合成界面活性剤毒性化学物質を混ぜ合わせたのがシャンプーです。

石油系合成活性剤のシャンプーの激烈悪影響

  • シャンプーによる経皮毒の影響は若い女性や、子供たちなどに大きな影響を与えます。

[check]子宮筋腫
[check]子宮内膜症
[check]脱毛
[check]抜け毛
[check]皮膚炎
[check]アトピー

などが

  • 最近特に増えているのは、シャンプーやリンス、ボディーソープなどの影響が、大きくかかわってることは、専門の間では、当たり前になってます。
  • 重複した記事になっているところもありますが。とても大切なことなので、復習もかね、読んでくださいね!
  • シャンプーなどの経皮毒からカラダを守る手段はちゃんとあります。